長男が布団で寝た

私たちは、私と長男と次男の三人家族です。
元夫と離婚したのは2005年で、母子家庭となって14年になります。
去年の3月に引っ越しをして、今の団地に住み始めました。

今まではずっと布団で寝ていた長男ですが、引っ越してからはなぜかコタツで寝るようになってしまいました。
寒い時期ならコタツで寝てしまうというのもまあ分からなくはないですが、春になってコタツをつけなくなってからもコタツで寝ています。
コタツを置いている茶の間は洋室で、コタツの下に敷いているのもペラペラのマットです。
「なんでコタツで寝てるの?固いでしょ?体痛くない?」と聞いても「なんとなく」と言うばかり。

長男は昔からこだわりの強い子で、傍目には明らかにおかしな事でも、どうしてもやらずにはおられないようなところがありました。
なので、そのままにしておきました。
うちは、コタツをつけない季節でもテーブルとしてコタツが出ているのです。

大学を卒業して無職になった長男、日中もコタツに座っていて夜もコタツで寝ているので、「コタツに住んでるじゃん……」と冗談で責めていたのですが。
昨晩、黙って自分の布団を敷いているのです。
コタツで寝始める前は窓のそばに枕を持って行って床で寝ていたので、一年ぶりくらいです。

内心、(これは……)と思いました。
生活を変えようとしているのでは?きちんとした生活に戻そうとしているのでは?

毎日、仕事から帰宅するたびに「今日も何もしていなかったらしい長男」にがっかりしないといえば嘘になりますが、最近では就活の話はあえてしないようにしていました。
卒業直後は、「ハロワ行けた?」等とLINEを送っては未読で(寝てるのかな……)と思ったりして私の精神衛生にもよくなかったので、「こっちからはしないから行ったらLINEして。」と伝えて、あまり言わないようにしていました。
「分からない事があったらなんでも聞いて。分かる事なら教えるし、分からなければ調べるから。」とだけ言って。
明らかに何もしていなそうであっても、ゲームの話など楽しいおしゃべりのみをしていました。

明日は何か行動するつもりになったのかも知れないと内心で思いつつ、そっとしておきました。

翌日、仕事中ふとスマホを見たら長男からLINEが来ていました。
「就業相談は仕事の紹介はしていないって」という文でした。
帰宅して話を聞いたら、私が主治医から聞いて来て長男に一応メモを渡しておいた自治体の若年者就業相談に電話をしたのだそうでした。
やっぱり行動するつもりだったんだなあ。
相談というよりは求人を紹介して欲しいので、やっぱりハロワかなという事にはなりましたが。

もしかしたらこれでひとつ行動した事で安心して、またしばらく行動しない可能性もありますが。
見守ろうと思います。

この記事へのコメント